強いチームが勝つのか、勝つから強いのか

   

皆さん、こんばんは。

 

 

今日の試合、本当にもったいない負けでした。

 

スタジアムに足を運んで頂いたサポーターには、本当に申し訳ないくらい、二度と繰り返してはいけないゲームをしました。

 

 

そのピッチにすら立てない自分はもっと情けない。。。

 

 

けど、

 

崩されたわけでもない、一瞬のスキをつかれたロングスローで簡単に失点して、

 

絶対に与えてはいけない時間帯に、アッサリと追加点を許す。

 

勝負ごとには、 流れ があり、肝がある。

 

それを掴んだチームがグッと勝利に近づくのだけれど、今日は自ら手放した。

 

誰かが声を張り上げるでもなく、

 

意思統一を図ることもなく、

 

バカみたいに必死で貪欲な、泥臭くても勝ちにこだわる執念を見せるでもなく、

 

アッサリと、簡単に、淡々と失点し、負ける。

 

 

ある人が、こんなことを言っていた。

 

「強いから勝つのではなく、勝つから強くなる。

 

弱いから負けるのではなく、負けるから弱くなる。」

 

 

僕はまだ新加入で去年のことは知らないけど、サッカー人生で見ても、今年のこのチームは好き。

 

当たり前のことだけど、みんなサッカーに対して真剣で、

 

それぞれに変わろうとする意志があって、

 

誰もが今年は勝ちたいと思っている。

 

 

だから、このメンバーで本当に勝ちたい。

 

 

勝てる要素はたくさんある。

 

でも勝てないのは、長年の下位争いでウーヴァに蔓延る 淡々と負ける という空気。負け癖。

 

一人ひとりがもっと意識を変えないと。 

 

今季のウーヴァは絶対に弱くない。勝てる。

 

だからこそ、一人ひとりもっと自信と覚悟を持って闘わないと。

 

 

そんなこと言ってる奴がリハビリ組じゃ話にならないので、本当に1日も早く復帰したい。

  
 

まずは自分から変わる。

 

 

Sponsored Link

Sponsored Link

 - ブログ