専修大学松戸高校

   

皆さん、こんばんは。

僕はJユース出身ですが、

高校野球に 甲子園 があるように、
高校サッカー には 選手権 があります。

選手権に憧れ、
サッカー人生の集大成を選手権に賭ける選手がいるほど、意味を持つ大会。

その各都道府県予選が、いよいよ熱を帯びて来ています。

その中でも、最激戦区と毎年言われるのが、千葉県。

市立船橋

流通経済大柏

の2強とも言われておりますが、

今年はその牙城を崩す注目校があります。

それが、

専修大学松戸高校。

実は、この専松とはとても深い関わりがあり、僕が関わらせて頂いてからもう4年が経とうとしております。

そして、グルージャ盛岡のサポーターの皆様にとっても馴染み深いであろう、

元グルージャ戦士の 疋田大和 くんも、専修大学松戸高校の教師であり、コーチをやられております(^O^)

僕が関わり始めてからの数年間で、専松の子たちは大きく成長してきました。

Sponsored Link


最初は、大人しく物怖じしてる選手が、多く、遠慮しているのか、鬱陶しく思われていたのか、、、僕に何かを聞いてくる選手はほとんどいませんでした。

しかし、去年くらいから、特に今年の3年生はサッカーに対する意識を高く持つ選手が多く、

休みにも関わらず僕の自主トレに付き合ってくれたり、
どんどん質問してきてくれたり、

それを素直に、そして貪欲に吸収する姿勢が目に見えてわかったので、何かをアドバイスする度に、見違えるほど良くなっていきました。

なので、僕も多くのプロ仲間を連れて専松へ自主トレをしに行きました。





彼らにとってものすごく貴重な時間だなと考えましたし、

僕らにとっても素晴らしいトレーニング環境を提供して頂ける、まさにwin-winです。

ザスパクサツ群馬の高瀬優孝、
東京ヴェルディの北脇健慈、
カマタマーレ讃岐 仲間隼斗 のJ2勢。

BB秋田 熊谷達也

藤枝MYFC 佐々木宏樹 のJ3勢。



GK陣にとっては大分トリニータの上福元直人くんは最高の教材となり、
専修大学の氣田亮真からは、近い年代の刺激を受けたでしょうし、
BB秋田の堀田秀平くんには、ポゼッションの何たるかを叩き込まれ、

最も長い時間を一緒に過ごした杉田祐希也からは、バルセロナのピケから絶賛されたそのドリブルを体感し、

本物のプロを間近で体感して、それを自分の力に変えてくれたのだろうと思います。

今日、見事に東京学館を下し、

いよいよ次は流経経済大学柏高校との一戦。

本当に勝ってもらいたい。

いや、勝てる。

頑張れ専松!!!

Sponsored Link

 - ブログ